読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apache Ambariを試してみる

hortonworks hadoop

f:id:kashigeru:20150427215829p:plain
今回はApache AmbariでHDPをインストールしてみました。
AmbariはHadoopの管理ツールでHortonWorksのHDPクラスタが簡単に構築出来ます。
ClouderaでいうClouderaManager的なものです。

構成

Server(管理コンソール)1台
Agent(HDPクラスタホスト)5台 f:id:kashigeru:20150427220231j:plain

事前準備

SElinux/iptables/名前解決(DNS/hosts)
sshログイン 鍵認証パスワードなし管理者権限

インストール

バージョンはAmbari 2.0.0です。
Server1台で実施

# wget http://public-repo-1.hortonworks.com/ambari/centos6/2.x/updates/2.0.0/ambari.repo

ambari.repo

[Updates-ambari-2.0.0]
name=ambari-2.0.0 - Updates
baseurl=http://public-repo-1.hortonworks.com/ambari/centos6/2.x/updates/2.0.0
gpgcheck=1
gpgkey=http://public-repo-1.hortonworks.com/ambari/centos6/RPM-GPG-KEY/RPM-GPG-KEY-Jenkins
enabled=1
priority=1

パッケージリスト

# yum list | grep ambari
ambari-agent.x86_64                        2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
ambari-log4j.noarch                        2.0.0.151-1                   Updates-ambari-2.0.0
ambari-metrics-collector.x86_64            2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
ambari-metrics-common.noarch               2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
ambari-metrics-hadoop-sink.x86_64          2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
ambari-metrics-monitor.x86_64              2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
ambari-server.noarch                       2.0.0-151                     Updates-ambari-2.0.0
hdp_mon_ganglia_addons.noarch              2.0.0.151-1.el6               Updates-ambari-2.0.0
hdp_mon_nagios_addons.noarch               2.0.0.151-1.el6               Updates-ambari-2.0.0

Serverインストール

# yum install ambari-server.noarch

セットアップ
SElinuxiptablesのチェック、JDKのインストールが行われます。
Ambari Server 'setup' completed successfullyが出力されれば完了です。

# ambari-server setup
Using python  /usr/bin/python2.6
Setup ambari-server
Checking SELinux...
SELinux status is 'disabled'
Customize user account for ambari-server daemon [y/n] (n)?
Adjusting ambari-server permissions and ownership...
Checking iptables...
Checking JDK...
[1] Oracle JDK 1.7
[2] Oracle JDK 1.6
[3] - Custom JDK
==============================================================================
Enter choice (1): 1
To download the Oracle JDK and the Java Cryptography Extension (JCE) Policy Files you must accept the license terms found at http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/license/index.html and not accepting will cancel the Ambari Server setup and you must install the JDK and JCE files manually.
Do you accept the Oracle Binary Code License Agreement [y/n] (y)? y
Downloading JDK from http://public-repo-1.hortonworks.com/ARTIFACTS/jdk-7u67-linux-x64.tar.gz to /var/lib/ambari-server/resources/jdk-7u67-linux-x64.tar.gz
Successfully downloaded JDK distribution to /var/lib/ambari-server/resources/jdk-7u67-linux-x64.tar.gz
・
・
・
Adjusting ambari-server permissions and ownership...
Ambari Server 'setup' completed successfully.

Serverをスタート

# ambari-server start

ブラウザからhttp://<ambari-server-host>:8080でアクセスします。
ユーザー:admin、パスワード:adminでログイン出来ます。
f:id:kashigeru:20150427221214j:plain:w400

Launch Install Wizardをクリックして構築を始めます。
f:id:kashigeru:20150427223024j:plain:w400

あとは画面の指示に従っていけばクラスタが簡単に構築出来ます。
HDPバージョンは3種類から選択出来るようです。
f:id:kashigeru:20150427222028j:plain:w400
Hostのチェックも行われる。
下記はTransparentHugePagesのチェックに引っかかっています。
設定方法も記載されているので指示通り変更します。
私の場合は変更してReturnChecksではなくCloseして再実行しないと駄目でした。
f:id:kashigeru:20150427222411j:plain:w400
サービス選択画面
FalconもKafkaもあります。
f:id:kashigeru:20150427222835j:plain:w400
インストールするサービスを選択してReview画面で確認。
問題なければDeployをクリックするとインストールが始まります。
f:id:kashigeru:20150427223432j:plain:w400

こちらが構築後の画面
f:id:kashigeru:20150427221509j:plain:w400

以上、Ambariでした。
簡単に構築出来るので試してみる価値はあると思います。
管理ツールは構築後のメンテが楽ですし。
(ノ´▽`)ノ{+++THANK YOU+++}ヽ(´▽`ヽ)