Juniper FireFlyを試してみる

ちょっとコンフィグの確認をしたいなという時にあると便利な仮想ルータの話です。

今回はJuniperのFireFlyについて書こうと思います。

各社の仮想ルータ
Cisco
 CSR1000v
・Brocade
 Vyatta
・Juniper
 Firefly

ダウンロード

上記リンクページからダウンロードします。
今回はOVAファイルをダウンロードします。

f:id:kashigeru:20140130092825p:plain

ダウンロード完了

f:id:kashigeru:20140130092929j:plain

インストール

インストールを開始します。今回はVMPlayerを利用します。
VMPlayerを起動し、メニューからPlayer→ファイル→開くをクリック。

f:id:kashigeru:20140130093128j:plain

ダウンロードしてきたファイルを選択して開きます。

名前とストレージの場所を決めてインポートをクリック。

f:id:kashigeru:20140130093522j:plain

使用許諾契約書が出るので同意するをクリック。

f:id:kashigeru:20140130093606j:plain

インポートが始まります。

f:id:kashigeru:20140130093649j:plain

FireFly起動

インポートが完了したら仮想マシンの再生をクリックして起動します。

f:id:kashigeru:20140130093743j:plain

起動中

f:id:kashigeru:20140130093820j:plain

起動しました。

f:id:kashigeru:20140130093836j:plain

ログインします。 ログイン名:root

f:id:kashigeru:20140130093904j:plain

無事に起動してきました。
これで事前にコンフィグの確認とか出来るようになります。
便利な世の中になったな~

"JUNOS SPACEを試してみた"シリーズはこちら から。