OpenDaylight Hydrogenをインストールしてみた

OpenDaylightプロジェクトからHydrogenがリリースされていました。
ということで早速インストール(セットアップ)です。

ダウンロード

こちらからダウンロードできます。
用途によってBase、Virtualization、Service Providerがあります。
今回は軽くBaseにしてみます。
zip形式がもっともシンプルで簡単なインストールって書いてるのでこれをダウンロード。

ダウンロードファイル:distributions-base-0.1.1-osgipackage.zip

インストール

インストールの前にJavaのバージョンが1.7であることを確認

#java -version
 java version "1.7.0_51"

問題なさそうなので進めます。

解凍
#unzip distributions-base-0.1.1-osgipackage.zip
フォルダ移動
#cd opendaylight
起動
#./run.sh

起動するとプロンプトが変わります  
#osgi>

ではブラウザからアクセスしてみます。
http://サーバIP:8080

f:id:kashigeru:20140218224959j:plain

キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!

ジョーアカウントwでログインします。
admin
admin

ログイン完了。

f:id:kashigeru:20140218225358j:plain

当たり前ですが、管理デバイスがなにもない。
よく見るとStaticRouteConfigurationとかあるな~心をくすぐってくるぜ。
クリックしたら下記のようにStatic追加できるわけか。

f:id:kashigeru:20140218225642j:plain

かなり簡単に色々操作できそうですね。
昔、FloodLightを試したときはMACTrackerのアプリつくるのも苦労したのに。

今度はService Providerでmininetも絡めてやってみよう。今日はこれまで。
(ノ´▽`)ノ{+++THANK YOU+++}ヽ(´▽`ヽ)

マスタリングTCP/IP OpenFlow編

マスタリングTCP/IP OpenFlow編

OpenFlow徹底入門 SDNを実現する技術と知識

OpenFlow徹底入門 SDNを実現する技術と知識