Brocade VDXでロジカルシャーシ

今回はBrocadeのVDXシリーズでロジカルシャーシを設定してみたメモ

ロジカルシャーシについて

VDXシリーズといえばVCSですが、これまではVCSを組んでもそれぞれの機器にログインしてそれぞれ設定する必要があり面倒でした(コンフィグ管理の面でも)

しかしNOS4.0からロジカルシャーシ機能が追加されました。
2012年からの念願ついに!!

これでVCSファブリック内すべての機器コンフィグを管理する必要がなくなり、コンフィグが一元管理できるようになりました。

詳しくはこちら

ロジカルシャーシ設定

1.まずはVCSの設定
デフォルトではr-bridge idが”1”なので2台中1台だけ”2”に変更します

VDX67xx# vcs rbridge-id 2 

再起動する

2.ISLケーブルを接続
10G-portがISLリンクになっているので10G-port同士を接続
r-bridge idを変更した機器が起動してきたらVCSが組める

3.VCSが組めてるか確認

VDX67xx# sh vcs
Config Mode    : Local-Only
VCS ID         : 1
Total Number of Nodes           : 2
Rbridge-Id       WWN                            Management IP   Status           HostName
-----------------------------------------------------------------------------------------
1               >10:00:50:--:--:--:--:--*       0.0.0.0         Online           VDX67xx
2                10:00:50:--:--:--:--:--        10.12.125.58    Online           sw0

Total Number of Nodesが2になっているので組めてます。
出力結果で”>”がついてる機器がPrincipalスイッチ
上記ではr-bridge-id ”1”の機器がPrincipal

4.ロジカルシャーシの設定を投入 Principalスイッチで投入

VDX67xx# vcs logical-chassis enable rbridge-id 1-2 default-config  

下記が出力されるので”y”を入力

This operation will perform a VCS cluster mode transition for the selected rbridge-ids and reboot the selected rbridge-ids. 
The default-config will be applied and any existing configurations will be lost during the transition. 
Do you want to continue? [y/n]:y
VCS cluster will be transitioned from Local-only mode to Logical-chassis mode.

これで完了
VCS同様、ロジカルシャーシも簡単

ロジカルシャーシ確認

VDX67xx# show vcs detail
Config Mode    : Distributed
VCS ID         : 1

Config ModeがDistributedになっていれば組めてます。
ロジカルシャーシじゃない場合はLocal-Onlyと表示されます。

ちなみにsh ip int bを打っても”1/”のIFしか表示されなくて焦りました。

 
VDX67xx# sh ip int b

Interface                      IP-Address      Vrf                     Status                    Protocol
==========================     ==========      ==================      ====================      ========
GigabitEthernet 1/0/1           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 1/0/2           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 1/0/3           unassigned        default-vrf          up                        down
以下省略  

ちゃんとr-bridge idを指定してshowコマンドを打たないと出ないというオチでした。

 
VDX67xx# show ip interface b rbridge-id 1

Interface                      IP-Address      Vrf                     Status                    Protocol
==========================     ==========      ==================      ====================      ========
GigabitEthernet 1/0/1           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 1/0/2           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 1/0/3           unassigned        default-vrf          up                        down

VDX67xx#
VDX67xx# show ip interface b rbridge-id 2

Interface                      IP-Address      Vrf                     Status                    Protocol
==========================     ==========      ==================      ====================      ========
GigabitEthernet 2/0/1           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 2/0/2           unassigned        default-vrf          up                        down
GigabitEthernet 2/0/3           unassigned        default-vrf          up                        down

ip routeもr-bridge idを指定しないと設定出来ません。

Hadoopでのスイッチ構成について

最近業務でHadoopを構築する機会があるので最適なスイッチ構成について自分なりの結論。
MapReduceでMap処理からReduce処理へデータを渡す時にノード間で通信が発生します。
この転送量が思った以上に。甘く見ないほうがいいと思います。

なので
条件その1.
10Gスイッチ必須

次にHadoopクラスタは何十台、何百台で組むことが多いです。
当然ラック間通信が発生します。

条件その2.
Hadoopを構築しているラックのToR全てでクラスタ技術が組めることが望ましい
以上。

ということでVDXではこういう事例があるんですね。
VCSならネットワークエンジニアがいなくても物理構築が簡単ですしね。

なんかBrocadeの宣伝になってしましました。。
なぜなら私はBrocadeマニア

f:id:kashigeru:20140528233121j:plain

(ノ´▽`)ノ{+++THANK YOU+++}ヽ(´▽`ヽ)