MapR SandBox版を試してみた

Hadoopディストリビューターの一つMapRをインストールして試してみました。
今回はSandBox版です。

MapRのアーキテクチャこちらを参照してください。

セットアップ

こちらからVirtualBox版をダウンロードします。
登録が必要になります。

ファイル→仮想アプライアンスのインポートをクリックしてダウンロードした下記ファイルを選択します。

f:id:kashigeru:20141104222611j:plain

次へをクリックします。

f:id:kashigeru:20141104222742j:plain

インポートをクリックします。

f:id:kashigeru:20141104222903j:plain

インポートが完了したらネットワークの設定を変更します。
アダプタをホストオンリーアダプターにします。

設定が完了したら起動します。
下記画面になります。

f:id:kashigeru:20141104223102j:plain

ブラウザでhttp://192.168.56.101:8443にアクセスします。
HueとMCS(MapR Control System)どちらかにアクセスが出来ます。

f:id:kashigeru:20141104223209j:plain

MCSにアクセスしてみます。
MCSをクリックすると下記画面になります。
ユーザー名:root パスワード:maprを入力します。

f:id:kashigeru:20141104223437j:plain

ライセンスに同意します。

f:id:kashigeru:20141104223539j:plain

MCSにログイン出来ました。

f:id:kashigeru:20141104223621j:plain

CLIには先ほどのID:rootとパスワード:maprでログイン出来ます。

新規ボリューム作成

MapRではボリュームという単位でアクセス権などの設定が出来ます。
MCSで新規にボリュームを作成してみます。

1.MCS左のNavigationからMapR-FSをクリックします。
 Volumesをクリックします。

2.New Volumeをクリックします。
権限、容量制限、レプリ数、スナップショットスケジュール等が設定出来ます。
入力したマウントパス(/sudachi)にボリュームを作成します。

f:id:kashigeru:20141104224351j:plain

設定が完了したらOKボタンを押します。

CLIでボリュームが追加出来ているか確認します。

# hadoop fs -ls /
Found 10 items
drwxr-xr-x   - mapr mapr          0 2014-09-14 15:57 /apps
drwxr-xr-x   - mapr mapr          5 2014-09-15 19:59 /data
drwxr-xr-x   - root root          4 2014-09-15 19:59 /drill-beta-demo
drwxr-xr-x   - mapr mapr          0 2014-09-14 15:57 /hbase
drwxrwxrwx   - mapr mapr          2 2014-09-15 20:04 /oozie
drwxr-xr-x   - root root          0 2014-11-04 08:25 /sudachi
drwxr-xr-x   - root root          3 2014-09-15 20:00 /tables
drwxrwxrwx   - mapr mapr          0 2014-11-04 07:06 /tmp
drwxr-xr-x   - mapr mapr          7 2014-09-15 20:04 /user
drwxr-xr-x   - mapr mapr          1 2014-09-14 15:57 /var

/sudachiが出来ていることが確認出来ます。

NFSマウントしてみる

次にMapRの利点の一つNFSを試してみます。
VirtualBoxで新規にサーバーを起動しボリュームをNFSマウントしてみます。

まずMapRのCLINFSマウント可能になっているか確認します。

# showmount -e
Export list for maprdemo:
/mapr               *
/mapr/demo.mapr.com *

/maprがNFSマウント可能なようです。

新規に起動したサーバーでNFSマウントします。

# mount -t nfs -o vers=3,proto=tcp,nolock 192.168.56.101:/mapr /test
# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                      5.5G  900M  4.3G  17% /
tmpfs                 499M     0  499M   0% /dev/shm
/dev/sda1             485M   32M  429M   7% /boot
192.168.56.101:/mapr  100G     0  100G   0% /test

/testにマウント出来ました。
確認

# cd /test/
# ls -l
合計 1
drwxr-xr-x 12 2000 2000 11 11月  5 01:32 2014 demo.mapr.com

# ls -l demo.mapr.com/
合計 3
drwxr-xr-x 2 2000 2000 0  9月 15 07:57 2014 apps
drwxr-xr-x 6 2000 2000 5  9月 16 11:59 2014 data
drwxr-xr-x 5 root root 4  9月 16 11:59 2014 drill-beta-demo
drwxr-xr-x 2 2000 2000 0  9月 15 07:57 2014 hbase
drwxrwxrwx 4 2000 2000 2  9月 16 12:04 2014 oozie
drwxr-xr-x 2 root root 0 11月  5 01:25 2014 sudachi
drwxr-xr-x 2 root root 3  9月 16 12:00 2014 tables
drwxrwxrwx 2 2000 2000 0 11月  5 00:06 2014 tmp
drwxr-xr-x 9 2000 2000 7  9月 16 12:04 2014 user
drwxr-xr-x 3 2000 2000 1  9月 15 07:57 2014 var

まとめ

こういう風に手軽に試せる環境があるのはいいですね。
設定ファイルがどこにあってどういう設定を入れればいいのかわからないのが難点ですが。

色々調べてみたのですが各ディストリビューターには一長一短ありますね。
(ノ´▽`)ノ{+++THANK YOU+++}ヽ(´▽`ヽ)

Hadoop 第3版

Hadoop 第3版

広告を非表示にする